ポイント:Wordpress、手動インストール手順、自動バージョンアップ失敗

WordPressの自動バージョンアップでトラブル

またしてもWordpressの自動バージョンアップでこけました。

自動更新の途中で失敗し、Wordpressにログインできなくなっただけではなく、公開サイトも見えなくなりました。

以前にもWordpressのバージョンアップでこけたことがあり、その時とは少し違う現象です。
ただ、タイミングとしては前回がWordpress4.7.x→4.8、今回がWordpress4.8.x→4.9なので枝番ではないバージョンアップの時にトラブルになるようです。

さくらサーバーとかXサーバーといったWordpressの簡単インストールができるレンタルサーバーなら、こういったこともないかもしれなのです。
ただ、自分のサーバーはWordpressのサポートもないので、いろいろと細かいトラブルが起きます(自分の設定ミスだと思いますが…)。

結局、自動インストールはあきらめて、手動でインストールを行いました。

備忘録としてメモしておきます(ブログに書こうと思ったのですが事務所コラムに書いておきます)。

Wordpress4.9画面

 

手動バージョンアップ手順

(1)最新版のWordpressのファイルをダウンロードします。

(2)本来ならプラグインを全て停止状態にするのですが、そもそもWordpressにはいれないのでプラグインは停めようがありません。この手順はブッチです。

(3)念のためにサーバーのWordpressのファイルをPCにダウンロード(バックアップ)しておきます。

(4)サーバーの既存ファイルを以下のファイル、フォルダ以外を削除します。

  • wp-config.php:Databaseへの接続情報など大切な情報です
  • .htaccess:パーマリンクの書き換えなどのこれも大切な情報です
  • wp-contentフォルダ:プラグインやメディアが格納されているフォルダです

(5)以下の最新のWordpressのファイル、フォルダをアップロードします。

  • wp-adminフォルダ
  • wp-includesフォルダ
  • wp-config-sample.php 以外のファイル

(6)wp-contentフォルダ内のlanguageフォルダを一度削除して、最新のフォルダをアップロードします。

(7)wp-contentフォルダ内にcacheフォルダがあれば削除しますが、自分にはありませんでした。

(8)WordPressの管理画面に接続します。このタイミングでデータベースを更新をするようです。

ここまで手動のインストールは完了です。

念のためにプラグインで定期的にバックアップをしている(これもwp-contentフォルダ内に残っています)ので、いざとなれば何とか復旧できるのですが、ちょっと冷汗をかきます。

WordPress4.8.x→4.9でこうなので、Wordpress4.9.x→5.0の時は大変かなぁって思います。

2017年11月18日 宿澤直正 記